Emmy Rossum First Album Inside Out

『Inside Out』までの音楽 ゲフィン・レコードについて 『InsideOut』への歩み
アンビエント・ポップって何だ? 全曲分析 エミー・ロッサムのお気に入り
Inside Out
Inside Out Geffen Records B0010157-02
  1. Slow Me Down (Emmy Rossum,Stuart Brawley,Bridget Benenate) 2:34 Music Video Rehearsals.com El Rey Who's Next? Exclusive Performance
  2. Inside Out (Emmy Rossum,Stuart Brawley) 3:23 Rehearsals.com El Rey
  3. Stay (Emmy Rossum,Stuart Brawley) 3:14 Rehearsals.com El Rey
  4. Abe Laboriel Jr. Drums
  5. Falling (Emmy Rossum,Stuart Brawley) 4:03 Rehearsals.com
  6. The Great Divide (Emmy Rossum,Stuart Brawley) 6:53 Rehearsals.com
  7. Highland Hall Handbell Choir
  8. Lullaby (Emmy Rossum,Stuart Brawley,Vince Pizzinga) 4:54
  9. Don't Stop Now (Emmy Rossum,Stuart Brawley,Vince Pizzinga) 5:44
  10. Strings Arrangement/Orchestration ony Stuart Brawley and Vince Pizzingaon
  11. High (Emmy Rossum,Stuart Brawley,Michelle Lewis) 3:59 El Rey
  12. Abe Laboriel Jr. Drums,Sean Hurley Bass
  13. A Million Pieces (Emmy Rossum,Stuart Brawley) 4:53
  14. Strings Arrangement/Orchestration Stuart Brawley
  15. Rainy Days And Mondays (Paul Williams,Roger Nichols) 3:42
  16. Anymore (Emmy Rossum,Stuart Brawley,Vince Pizzinga) 4:49
  17. Cameron Stone Cello
Produced by Stuart Brawley
Mixed by Stuart Brawley and Kevin Doyle
Executive Producers:Justin Siegel and Ron Fair
Management:Jeff Norskog for JN Entertainment more

事前に参加すると噂されていたグレン・バラード、デイヴ・スチュワート、モービーらとの共同作業は収録されず[1]は参加せずに基本的にはスチュアート・ブローリー/Stuart Brawleyとの共同作業となったデビュー・アルバム。他の共作者としてはブリジット・ベネネイト/Bridget Benenate、Vince Pizzinga、Michelle Lewis。 このうちS・ブローリーはドン・ヘンリーの『インサイド・ジョブ』やブランディーの『フル・ムーン』に参加したり曲を提供したりしているカナダ出身のミュージシャン、録音現場The Backyardは彼のスタジオである。ブリジット・ベネネイトはリー・クラークソンの『ブレイクアウェイ』のタイトル曲をアヴリル・ラヴィーンらと共作している他、コーラスとして多くのアルバムに参加している。Vince Pizzingaはこのアルバムのストリングス・アレンジャーとしても参加、Michelle Lewisについては詳しくは分からなかった。他の参加メンバーとしてドラムスはセッション・ドラマーのAbe Laboriel Jr./エイブラハム・ラボリエル・ジュニア、ベースにシーン・ハーレー(恐らくはヴァーティカル・ホライズン のベーシスト)。9曲目のカーペンターズカバー、「雨の日と月曜日は」ポール・ウィリアムスとロジャー・ニコルズによる共作。

Don Henley_Inside Job  Brandy_Full Moon  Kelly Clarkson_Breakaway
(『Don Henley/Inside Job』『Brandy/Full Moon』『Kelly Clarkson/Breakaway』)


詳しいクレジットはないがカバー曲以外はエミー・ロッサム自身の作詞と考えていいだろう。エミー本人はある程度歌メロにも関与しただろうし、S・ブローリーとともにVocal Arrangementにもクレジットされているので、ボーカルに関しては彼女の意見がかなり入っているはずだ。

「Slow Me Down」を例に出して安易なイモージェン・ヒープやエンヤのコピーだと一部では言われているようだが、その連想の方が安易だ。プロデューサーのS・ブローリーも反論している[2]。ただイモージェン・ヒープの「Hide And Seek」はヴォコーダーやキーボードを使っていると言う指摘はやや論点がずれている気がする。イモージェン・ヒープは本人がキーボード・プレイヤーであり、「Hide And Seek」は声も楽器のように使っている。エンヤもその傾向があり、本人によるコーラスやその他ストリングス系の音(ついでに言えば彼女が好きな好き音はピチカート音)をべったりとつけるのが特徴で、エミーの音はより立体的だ。イモージェン・ヒープやエンヤとの違いはその辺りにあるように思う。

アルバム・タイトルは『Inside Out』、はじめに聞いたときにはやや抽象的な言葉だと感じたが、エミー・ロッサム本人によると自分をさらけ出すと言うような意味があるとのこと[3]、そういえば歌手デビュー前後のインタビューでは以前よりプライベートに関することに答えていて、そこに彼女の意志の強さを感じる。アルバムの前半は「Slow Me Down」やタイトル曲のような曲が並び、彼女がこのアルバムを表現するアンビエント・ポップの色が強い。

アルバムは中盤の「The Great Divide」で色を変える。映画『歌追い人』からの影響が強いとエミー・ロッサム本人が語るこの曲で[4]、ドリー・パートンから教わったと言うブルーグラス/フォーク/カントリーの歌唱法を取り入れ、エモーショナルに歌っている(「Anymore」の歌い方も同様[5])。しかしその一方でバックのサウンドはモダンなままであり、ルーツ・ミュージックを土台にしながらこれでいいのかという意見もあるだろう。これ以降は柔らかな「Lullaby」、明るい「High」、美しい「A Million Pieces」などが並ぶ。

そしてラスト2曲は恐らくエミー・ロッサムのプライベートな面が出た曲順となった。まずはカーペンターズのカバー「雨の日と月曜日は」、これは彼女の母親の愛聴曲である[6]。ボーカル・アレンジは「Slow Me Down」的、少し暗めの詩と曲がはまっている。そして最後の「Anymore」は彼女が産まれる直前に母親と別れた父親のことを歌った曲である[7]。なるほど感情がこもるわけだ。母親と父親に関する曲を並べたことでアルバム『Inside Out』の意味がよく分かる仕組みになっている。アルバム作りが彼女にとって一種のセラピーであったのだろう。(2007/11/14)
(追記)これを書いた後に新たなWEB記事を発見。[1][3][7]について触れている。(2007/11/25)
http://teens.aol.com/entertainment/emmy-rossum-interview

1.http://www.lifetimetv.com/lifestyle/entertainment/celebrities/emmy-rossum-bares-her-soul-on-debut-album
2.http://blog.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=54387556&blogID=304898938
3.http://www.emmy-online.org./emmy/index.php?Q&A Q32
4.http://www.geffen.com/emmyrossum
5.http://www.emmy-online.org/emmy/index.php?Q&A1 Q9
6.http://www.teenhollywood.com/events.asp?s=transcript&id=99
7.http://www.usatoday.com/life/people/2007-10-23-rossum-qna_N.htm

各種サイト
official
http://www.emmyrossum.com/
バイオ、ニュース、オーディオ・ビデオ、アルバム・歌詞、ギャラリー、Ask Emmy、フォーラム、Extras(壁紙、IM Icons)
geffen
http://www.geffen.com/emmyrossum
ニュース、リリース情報、メディア、予定、写真、歌詞
myspace
http://www.myspace.com/emmyrossum
Lullaby試聴、写真、
ブログ http://blog.myspace.com/emmyrossum

↓(エミー・ロッサム・ブログ)より↓ 


All Vocal Arrangement by Stuart Brawley and Emmy Rossum
Recored by Joe Corcoran and Stuart Brawley at The Backyard Studios, Los Angels
Stings on "Don't Stop Now" recorded by Michael C. Ross at Henson Studios, Hollywood, CA
Mixed by Stuart Brawley and Kevin Doyle at The Backyard Studios, Los Angels

Musicains
Stuart Brawley Keyboards, Bass, Programming, Organ, Strings
Joe Corcoran Guitar, Programming, Cray Sounds
Abe Laboriel Jr. Drums on "Stay" and "High"
Highland Hall Handbell Choir Handbell on "The Great Divide"
Sean Hurley Bass on "High"
Strings Arrangement/Orchestration on Stuart Brawley on "A Million Pieces"
Strings Arrangement/Orchestration on Stuart Brawley and Vince Pizzinga on "Don't Stop Now"
Cello Arrangements on Stuart Brawley and Cameron Stone
Strings・Contractor:Lionel Cole・Conductor and Leader:Tim Davies・Copyist:Vince Pizzinga
Violins:Peter Kent, Julie Gigante, Alwyn Wright, Jerry Hilera, Caroline Campbell,Melissa Reiner,Neel Hammond, Kristen Autry
Violas:Danny Seidenberg, Rob Brophy, Marta Todd, Jim Hanna
Celli:Cameron Stone, Victor Lawrence, Vanessa Freebairn-Smith, Elizabeth Wright
Bass:Nico Abondolo・Cameron Stone - Cello on "Anymore"


  ホーム  トップ
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー